間食を上手に取り入れることは大切

ダイエットを続けるには間食を上手に取り入れることは大切です。ダイエットの大敵である食物繊維は便秘の予防に役立ちます。

また食事の食べすぎを防ぐこともできます。洋菓子よりも食べる内容は和菓子、おすすめはエネルギーの小刻み果物です。

ご飯類も大切なたんぱく質が分解されないようにきちんと食べましょう。お菓子は食べたいけどダイエット中だから我慢!と皆さんそう思ってはいませんか。

植物性の油を動物性の油よりも使用しヘルシーに仕上げましょう。また自分自身で毎週○曜日は○時までOK!というように変化をつけるのもよいでしょう。

しかしまったくとらなかったり不足してしまうと、エネルギー源として使うように体を構成するためのたんぱく質を分解して働かせるため、たんぱく質が筋肉などを作るのに必要なのに不足してしまうのです。腹持ちがよく食べたという満足感が油は得られます。

何も考えずに食べたい物を好きなだけ食べては確かにカロリーオーバーです。エネルギーとしてご飯やパン、麺類に代表される糖質は燃焼されますが、脂肪として余ってしまうと蓄積されてしまいます。

骨をミネラルに代表されるカルシウムは丈夫にし、鉄は貧血予防になります。糖質がエネルギー源に変わる時にビタミンB1は必要であり、たんぱく質の一種であるコラーゲンの働きを促す役割をビタミンCはします。

空腹を避けられ間食はイライラすることもなくなります。1食で目安量は軽く茶碗1杯です。

2016-07-05 | Posted in 注意点Comments Closed 

関連記事